ちば、房総(ぼうそう)のこと

農業

気候と大地に恵まれ、野菜・果実栽培、水稲、畜産、酪農とバランス良く生産されています。

ベイ・東葛エリアでは、
ほうれんそう、小松菜なやえだまめなどが生産されています。

北総台エリアでは、
にんじん、さつまいも、ごぼう、さといもなど、

九十九里エリアでは、
キャベツ、だいこんの露地野菜の大産地が形成されていて、
トマト、きゅうりなどの施設野菜の生産も盛んです。

南房総エリアでは、
花き栽培が盛んです。無霜地帯である白浜を中心に、
鋸山から鴨川にいたる海岸と照葉樹林に覆われた丘陵、 海に面した段丘面には
ストックを始めカーネーション、キンセンカや、県の花である
「菜の花」など多種多様な花々が栽培されています。

多品目の大野菜産地を有し、都心への重要な野菜供給基地となっています。
利根川流域及び九十九里エリアなどの水田地帯では、
基盤整備によって区画整理が進み、機械化・低コスト化により栽培が進められています。

特産品であるビワは鋸山と館山のほぼ中間の
南房総市(中でも 旧富浦町付近)を中心に栽培されています。

なしは、全国一の産地で、ベイ・東葛飾地域を中心に
「味が自慢の千葉のなし」として愛されています。

江戸時代に我が国で初めて「白牛酪=今日のバター」が生産された
『日本酪農の発祥の地』とされる嶺岡牧場は、
鴨川地溝帯の南の緑濃い嶺岡山系にあります。ここを中心に酪農が盛んとなり、
生産量全国上位を誇る、千葉県生乳の4分の1強が安房で生産されています。


地形のこと 農業のこと 水産業のこと 工業のこと 
[PR]

by chibanokoto | 2011-03-01 04:35  

<< 南房総エリアのこと 九十九里エリアのこと >>