初夏の畑のこと

夏が近づくと、近所の畑には作物の花や実がなります。
息子と自転車でいくつ見つけられるか?探検に出ました。

先ずは夏野菜の定番、「茄子」の花です。実と同様に紫色の花が咲きます。
d0233324_36221.jpg

千葉のなすの旬は6~7月。家庭菜園でもお馴染みの夏野菜です。
既に張りの良いパンとした茄子が実っていました。美味しい茄子の見分け方は、
ガクからトゲが出ていて、ヘタと実の境目に白い部分が多いものが良いそうで、
関東の茄子は卵型が、関西では長茄子が主流だそうです。
言われてみれば長茄子の天婦羅は見ない気がします・・・。

こちらも定番、「胡瓜」の花です。旬は7~8月。
d0233324_3115378.jpg

黄色い可愛らしい花から胡瓜が実ります。
こちらも数本実っていたので、曲がった胡瓜をご馳走になりました。
採れたての胡瓜は、パキパキしていて瑞々しく美味しかったです。
息子は新鮮なイガイガが付きの胡瓜を食べながら、
「何もつけなくても甘味はあるよ」と言っていました。
このイガがチクチクするものほど新鮮なんだそうです。
食感だけで乾きを癒してくる胡瓜ですが、切り口が徳川家の三つ葉葵の紋に
似ていることから、武士は食べなかったという話もありますが、本当でしょうか?

そして「トマト」こちらも黄色い花を咲かせます。露地物の旬は7~8月。
d0233324_3232717.jpg

長細い胡瓜の花が丸くて、丸いトマトの花はシュッしているのが意外です。
昼夜の寒暖差が大きいほど赤色の鮮やかさが増すそうで、
抗酸化作用があると言われているリコピンがトマトを赤くします。
トマトにはグルタミン酸が多く含まれ熟したもの程多いそうです。
ヘタとの境目まで赤く熟していて、ズシリと重たい物が美味しいそうです。

こちらは「さやインゲン」の花。白い小さな花を咲かせます。旬は6~8月。
d0233324_4375469.jpg

いんげんまめを若いうちにさやごと食べるのがさやインゲンですが、
国内だけでもインゲン豆は200種近くあり、豆を食べるいんげんとは別品種です。
美味しいさやインゲンの見分け方は、緑が濃く細めで瑞々しい物、
真っ直ぐで豆のふくらみが少ない物だそうです。



初夏の畑のこと その2へ
[PR]

by chibanokoto | 2011-06-18 02:56 | 最近体験した●●●のこと  

<< 初夏の畑のこと その2 ちばのみりんのこと その1 >>