野田の枝豆のこと

千葉県は枝豆の出荷量が例年全国でも1位、2位と多く、
その中でも野田市の枝豆は特産品になってます。
d0233324_2374874.jpg

千葉では白毛種が主流で旬は7月。
うぶげが白く、鮮やかな緑色で癖が少ない事が特徴です。
その他の主要な枝豆には、8月が旬の山形、新潟等の茶豆。
うぶげが茶色く2粒入りが多くその分甘味が豊富です。
京都などでは9月が旬の黒豆が有名です。
黒大豆の若い枝豆でコクが強く深い甘味が特徴です。

今回お邪魔したのは、野田市三ツ堀の根本農園さん。
根本さんの枝豆は、6月に入ると極早生の収穫が始まり、
7月中旬の晩生の収穫で短いシーズンを終えるそうです。
訪問したのは7月上旬、最盛期の枝豆が畑を緑一色にしていました。
d0233324_2382659.jpg

栽培されている枝豆は、一般的な中粒の白毛種ですが根本さんの枝豆は、
薄い被膜がパンっと弾けて穏やかな甘味がじんわりひろがり、食べ応えある枝豆でした。
色調艶やかなこの枝豆の品種は「湯上り美人」。
茹でたてのこの枝豆には、なんだかぴったりの名前です。


枝豆は、大豆の未成熟豆としての野菜です。
大豆は縄文時代から食用途されていたようですが、
いつ頃から枝豆を食べる様になったのか?は定かでないようですが、
江戸時代初期には枝豆売りが登場し、枝つきのまま茹でた枝豆を売り
庶民は枝に付いたままの茹でた枝豆を、気楽に食べ歩いていたそうです。

美味しい枝豆の選び方は、鮮度保持し甘味が増す枝葉付きの物がお勧めです。
豆の粒の大きさが揃っていて色鮮やか、丈が短く、さやが密生しているものが
美味しい枝豆のポイントになるそうです。
d0233324_2391585.jpg

豆と野菜のいいとこ取りをした枝豆は、
ビタミンB1、A、Cを含む、夏場のスタミナ源としても期待できるようです。

品種の違いはありますが、このまま枝豆が成長すると「大豆」になります。
大豆からは醤油や味噌が醸成されます。枝豆→大豆→醸造。
全国でも有数な枝豆産地の野田市は実は「醤油の町」でもあるのです。


野田の醤油のことへ


・根元農園  野田市三堀
[PR]

by chibanokoto | 2011-07-09 02:42 | 最近体験した●●●のこと  

<< 勝浦の米のこと ちばのみりんのこと その3 >>