船橋の牧場のこと

船橋市の佐久間アイスクリーム工房へ出かけました。
d0233324_2432833.jpg

新京成線、滝不動駅の直ぐそばを走る県道沿いの住宅地に、突如この工房は現れます。
ここのアイスクリームの特徴は、できたての出来立てであるということ。
工房の真裏には佐久間牧場が併設されていて、
搾乳前の子牛を含め、約50頭の乳牛が飼育されています。
d0233324_2451535.jpg

牧場で絞りたての濃厚ミルクを使った、牧場手作りのアイスクリームを
その場(船橋の町中)で食べられるわけです。
d0233324_2481282.jpg

工房の裏手には、畑や花畑も広がっていて、
乳牛と花を眺めながらのんびりとアイスクリームを食べる事もできます。
持ち帰りもイートインも、後から々お客さんが途絶えません。
掲示板には、牧場の受賞歴が紹介されていて、
牛乳そのものも優秀であることがうかがえます。
d0233324_2455047.jpg

佐久間牧場では、見学もさせてくれるそうです。
牧場というと、どうしても臭いの事が思い浮かびますが、
この牧場ではあまり気になりません。
見る限り、乳牛の健康維持の為に衛生管理が徹底されていて、
良質な生乳を得る事に繋がっているようにも思えます。
堆肥は作物や花の畑に使われていて、収穫された物は
工房の隣の販売場で買い求める事ができます。

牛がいて、ミルクがあって、肥料が生れ、作物が育ち、花が咲く
自然のサイクルを凝縮してなんとなく体験出来る牧場が、
こんなに身近にあるとは気が付きませんでした。

帰り道、滝不動駅の脇の踏切を渡り、しばらく走ったところから
所々に「ひまわり畑 ⇒ 」の看板が出てきます。
気になったので、導かれるまま進んでいくと、そこには
お日様に向かって力強く、沢山のひまわりが咲いていました!
d0233324_2511326.jpg

聞くところによると、15年程前から地元の農家の方々と
畑の間裏にある金杉小学校の生徒たちが中心になって、
毎年4月に種をまき、約5万本のひまわりを咲かせているそうです。
夏休み前の開花にあわせ、お祭りも行われているそうです。
広大なひまわり畑は迷路になっていて、偶然にも良い景色に出会うことが出来ました。

アイスクリームに、ひまわり…。今年も夏が始まりました。

ちなみに千葉県は、酪農発祥の地でもあるんです。
[PR]

by chibanokoto | 2011-07-12 02:28 | 最近体験した●●●のこと  

<< 野田の清酒「勝鹿」のこと 勝浦の米のこと >>