神崎の鍋店「仁勇」のこと

神崎町の大通りに、ダッダァンと現れる白壁の大きな建物が
鍋店(なべだな)神崎酒造蔵。
「仁勇」「不動」を醸造する創業元禄2年(1689年)の老舗蔵であります。
d0233324_1801534.jpg

かつては灘で「仁勇」を成田で「蓬莱山」、神崎で「神崎」印西では「利根正宗」と
複数の蔵を運営していたそうですが、第2次世界大戦中の企業整理を受け
蔵は神崎、銘柄は仁勇、本社は成田新勝寺参道入口に集約し現在に至っています。

「鍋店」という屋号は江戸時代ご先祖が、銀座や金座などと同じように、
鍋座という鉄製品の製造権を幕府から与えられた事に由来する程、
歴史ある蔵なのであります。
d0233324_1824654.jpg

この日は神崎町のお祭りと同時開催の蔵開きと言う事で、すごい人出でありました。
蔵見学のスタートは、蒸した酒米の試食から。
硬めに蒸されたお米は、「いつまで寝てんの~、ごはんよ!」と
毎朝茶わんによそられるそれとは異なり、「フムフム酒造りはここからして違うのね」
と、見学者の期待を煽る雰囲気がムンムンと出ておりました。
d0233324_185419.jpg

お酒もポコポコ発酵してました。

一通り酒造りを見学した後は試飲と即売。
今回は蔵開き限定の仁勇を購入です。
特約店のみで販売されるもう一つのブランド「不動」は、
酒本来の豊かな味わいを大切にすること!
をコンセプトにして徹底的に造りにこだわったブランド。
なので購入は近所の酒屋さん。
d0233324_1853115.jpg

豊富なラインナップの他、南房総市三芳村では「むらの酒」、
八千代市では「八千代桜」と地域や契約農家と協力して
千葉県産米の「総の舞」を使用した酒造りにも取り組んでいるそうです。
大きなお蔵の頑張りは、千葉のお酒がもっと身近な感じの物になるのかも。

蔵を出た向かいでは、梅酒に漬けていた梅詰め放題と、酒粕詰め放題。
小バケツに積まれた酒粕は、
メガ盛りバフェか真冬のエベレストかと思う程の大判振る舞い!
あ~参加すれば良かった詰め放題…、という思いと、
あんなにカメラを向けていたのに、なんで写真が撮れてないの~と、
人、お蔵に夢中になりすぎて、ドジしてしまった鍋店見学なのでありました。
[PR]

by chibanokoto | 2013-04-19 18:53 | 最近体験した●●●のこと  

<< 市原市のオリーブのこと 神崎の寺田本家「五人娘」のこと >>