LABOごはん 秋

d0233324_22484363.jpg

千葉県某所に研究農場ができました。
研究と言っても難しいことや、バイオ的なことではなくて、
農家の方々が大切に育てる旬の作物を
ネットを通じちょっとだけのぞかせて頂き、季節を体感し、
成長を観察をしながら「旬を美味く食べちゃおう」という研究所?なのであります。

【F's LABO】 http://fslabo.wix.com/farmerslabo

ラボから秋の味覚が届いたよー。なので早速LABOごはん。
d0233324_2029597.jpg

左から生姜、サツマイモ、カブ、スイスチャード、なす、チンゲン菜、
キュウリ、原木シイタケ、原木えのき、天然きくらげ、ピーマン。
d0233324_20312183.jpg

それと山からアケビも
d0233324_20315884.jpg

山ぐるみもとれたと!天然のアケビとクルミとキクラゲは、
子供の頃から、山に入っては採取していた秋の楽しみなのだとか。良いもの頂いた!
d0233324_20325081.jpg

左がイタリアンパセリ。すっごく味も香りも濃く力強い!
右の大鉢がルッコラ。冬のルッコラはゴマの香りも強く、ぴりりと辛くて美味~。
d0233324_20334686.jpg

天然きくらげも原木エノキも初めての体験。
シャキシャキでこちらも香り高い。食感を活かし、
キクラゲはチンゲン菜と一緒に中華炒めになりました。
d0233324_20345238.jpg

カブは皮がやわらかーいので、オリーブオイルを絡めてそのままローストに。
アンチョビペーストを使いたかったけれど、
切らしていたのでショッツルをスプレーして刻んだイタリアンパセリと合わせたよ。
シンプルに野菜が美味しいです。
d0233324_20352854.jpg

シイタケとエノキ、サツマイモをソテーして、
サクどりした生ハムを湯霜にした「豚のたたきキノコマスタードソース」に。
d0233324_20361394.jpg

あ~っ。イタリアンパセリにはまってしまった~。
トマトや玉ねぎアボカドとあわせて、焼いたサーモンと。
添えたライムを絞ってザクザク食べる。
近所のカフェバーの名物料理を失敬しました。
チリソースとパクチーが本流だけどLABOの野菜があれば必要ないなぁ~。
d0233324_2233145.jpg

辛みの強い冬のルッコラは、おしたしも良いですがー。
豚バラ肉と一緒にしゃぶしゃぶです。うん。いくらでも食べられる(笑)
ゴマ風味だしー、柑橘とは違うけど爽やかだしー。これはありだなー。
d0233324_20374526.jpg

カブの葉っぱもちゃんと食べます。胡麻油と出汁醤油でさっさっと炒めてご飯と♡
食欲の秋とはよく言ったもんで、秋のLABOごはん完食であります…。
d0233324_20382361.jpg

山クルミは教わった通りに水に漬けて1週間。周りがぽろぽろ取れました。
近所のおじさんの昔話しでは、とがった先を残し、丸みのある方を石で削り、
クルミをハート形にして女の子にあげていたそうな。は~ロマンチックだなー。


※LABOの日常 春へ
※LABOの日常 夏へ
※LABOの日常 秋へ
※LABOの日常 冬へ
※ジャンボカボチャチャレンジへ
※LABOごはん 秋へ
※LABOごはん 冬へ
[PR]

by chibanokoto | 2015-12-07 22:34 | F’s LABOのこと  

<< LABOの日常 冬 勝浦のこと山側編 >>